この青い空、みどり

ゴキゲンの積み重ねで、日々を過ごす。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キミが独りで立っている場所』

 「街では、今日も、たくさんの人が行き交って、夜ともなれば、明るい店の灯りやグラスの輝きにさんざめく声が聞こえるけれど、会社や店が終わってひとりひとり、自分の住む場所へ辿り着き、ドアを開けて明かりをつけて、自分の部屋で最初に腰を下ろすとき、誰でも孤独な様相をしているように思えてならない。

一日を終えて部屋に帰り、はじめて腰を掛けるその瞬間に、大きな口を開けて笑っている人間を、僕はイメージできない。おそらく、そのとき、過ぎた今日一日のこと、今日に至る過去のこと、そして、明日から始まる日々のことなどを、フーッと溜め息を吐くような思いの中に感じているような気がする。とくに、独り住む人の多い、このTOKYOという街では。」

『キミが独りで立っている場所』より:仲畑貴志著

読んだら、強引に「元気だせ!元気だせ!」って闇雲に言ってる人とか本なんかと比べものにならんくらい元気でた。
(強引なのは何だか、脅迫めいたところがあったりして、かえって焦ってしまって、元気が出ない)。

明日からの仕事、いい影響でちゃいますように。
スポンサーサイト

COMMENT

元気でたっ!

うおっしゃっ☆

PLEASE COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://frenchsummer12.blog6.fc2.com/tb.php/124-e44986b8

 | HOME | 

Calendar

« 2017-10 »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Monthly

Categories

Recent Trackbacks

Appendix

キョウコ

キョウコ

モットーは「お気楽に、てきとーに何でも楽しんじゃえ」
最近お気楽感を優先しているせいか、愛想が非常に悪い気がします。でも、以前より先輩うけはよくなりました。なぜだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。